傷がある。できごとは、つねに、絶えず、できごとからやってきて、忘却の忘却としての忘却によって、私が(名から)行使している暴力を想起させる。そして、日付が傷として残る。それは何らかの回帰の形態に訴えかけることである。だが、それが反復の読解可能性によって想起させることだとするならば、なぜ、決して反復されないものに日付/傷を残すことができるのか。逆に、なぜ、また、決して反復されないもの以外のものにも日付/傷を残すことができるのか。


2018年11月18日(日)

プロト・シアター(東京)

2,000円(両日通し券)


構成・演出:清水唯史

出演:

スタッフ:田中紀子 宮下直紀 葛巻欣久 中西B 長野れい子 長井勇


11月17日(土) 18:30〜

 1 演劇ユニット「山田工務店」──『彼岸』

 1 出演:YOKO 山田和夫 入間川正美

 2 Lens──『幽霊的な2「水滴」をよんでみる』

 2 原作:目取真俊『水滴』(文藝春秋刊)

 2 出演:佐藤照 渡部美保

 2 企画協力:文藝春秋

 3 アフタートーク

11月18日(日) 15:00〜

 1 IN/OUT ──『watcher』

 1 作・演出・音響:大和田新

 1 出演:佐藤和加子

 2 安藤麻実子・おがやゆりえ──『w single』

 3 入間川正美──『セロの非越境的即興』

 4 CUATRO GATOS──『[来たるべき水俣病]』

 5 アフタートーク──井澤賢隆 森下貴史 清水唯史



go to 斉木耀・考 参加

[来たるべき水俣病]

CUATRO GATOS

top  □news  ■performances  □text archives  □blog  □contact us